豆を挽くためのコーヒーグッズ

自分でコーヒー豆からコーヒーを淹れる場合に必要なコーヒーグッズとして豆を挽くためのミルが挙げられます。ここでは美味しいコーヒーにこだわるためのコーヒーグッズとして手廻しミルと電動式のブレードグラインダー、フラットカッターそれぞれの特徴について述べます。
まずコーヒーグッズとしてイメージが湧きやすい手回しミルは、ハンドルの根本にあるネジを調節することで挽き加減を変えることができます。



これは電動式に比べると挽く時間がかかり体力もいりますが、挽き方が上手くなると電動式より均一に挽くことができ、挽く時の熱も生じにくいため通の間では根強い人気があります。おいしく挽くコツとしてできるだけ速く、一定の速度で回すことで均一に挽くことができるようになります。

コーヒーカプセルが有名になってきました。

一方のコンパクトなブレードグラインダーは手回しミルより手間がかからないことに加え、手入れがしやすく場所を取らないというメリットがあります。


しかしながら、内部でカッターがプロペラ式に回転しているだけなので、挽きむらができやすいという弱点があります。

この他電動式にはフラットカッターを搭載しているものがあり、こちらはコンパクトなブレードグラインダーより挽きむらは少ないものの製品によってばらつきがある他、基本的に高価でどちらかと言うと業務用です。

しかしながら、家庭用でも購入しやすい価格のものもあるため、こだわるのであればブレードグラインダーよりもこちらの方が適しています。


手回しミルは美味しいコーヒーができますが以外に体力がいるため、毎日コーヒーを飲む習慣がある場合には、電動式の手頃な価格のものを毎日飲む分量だけ挽くようにしたほうがフレッシュなコーヒーを味わえます。

ガジェット通信に関してはこちらのサイトをご覧ください。